ニュース

黒田雅之がIBFフライ級挑戦者決定戦 11.21タイ

pict
2018-09-03
日本フライ級チャンピオンでIBF同級5位の黒田雅之(川崎新田)が11月21日、タイで行われるIBF同級挑戦者決定戦に出場する。対戦相手は同4位エクタワン・クルンテープトンブリ(タイ)。現在の王者は7月に戴冠したモルティ・ムラザネ(南アフリカ)。

 日本タイトル2階級制覇の黒田(32歳、30勝16KO7敗3分)はWBA1位を筆頭に4団体の世界ランキングで上位につけており、13年2月のWBA同級王者フアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)戦に続く2度目世界挑戦を狙っている。

 陣営は4団体すべてでチャンスをうかがっていたが、最初に話のあったIBFの挑戦者決定戦を選択した。黒田は現在、WBOフライ級王者の木村翔(青木)とタイでスパーリング合宿を行っている。

 エクタワンは24勝15KO5敗の29歳。昨年4月、2階級制覇王者ドニー・ニエテス(比)と空位のIBFフライ級王座を争って判定負け。今年2月に日本ランカーの望月直樹(横浜光)とIBFパンパシフィック王座を争い、こちらは勝ちしている。

 来日経験も2度あり、13年5月に石田匠(井岡)に判定負け、16年4月に奥本貴之(グリーンツダ)に判定勝ちしている。

提供:ボクシングニュース
http://boxingnews.jp/news/60616/
©2018 Kadoebi inc. All Rights Reserved.