ニュース

WBAランキング 復帰の井岡一翔がS・フライ級2位に

pict
2018-08-02

WBAの7月度のランキングが1日発表された。現役復帰を表明し、4階級制覇を狙う井岡一翔(写真左)がS・フライ級2位に登場した。また、IBF世界ミニマム級王者の京口紘人(ワタナベ=写真右)がL・フライ級2位にランクされた。



 井岡は昨年大みそかに引退を表明し、先月に現役復帰と米国復帰を発表。9月8日米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のザ・フォーラムでS・フライ級進出第1戦が決まっており、WBO同級3位マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)とノンタイトル戦を行う。

 井岡は前WBAフライ級王者で同王座を5度防衛。昨年10月のランキングまでフライ級王者だったこともあり、実績を考慮されてS・フライ級で2位にランクされたとみられる。

IBFミニマム級王者の京口がL・フライ級2位

 京口は5月、IBFミニマム級王座の2度目の防衛を成功させたあと、階級をアップする意向を示していた。IBFの最新ランキングはまだ更新されていない。

 7月度の最優秀選手はクルーザー級で4団体のベルトを統一したオレクサンデル・ウシク(ウクライナ)。次点にはS・フェザー級の正規王座を防衛してアルベルト・マチャド(プエルトリコ)が選ばれた。

提供:ボクシングニュース http://boxingnews.jp/news/59866/
©2018 Kadoebi inc. All Rights Reserved.